「歯」と「口」のはなしと、千葉市若葉区の原田歯科クリニックの話

口は、食べ物を食べる命の入り口、気持ちを伝える心の出口です。それを失ってしまったら…口はとても大切な器官です。

いまさら聞けない「お砂糖を食べなければむし歯にならないの?」

いまさら聞けないが、なんだかシリーズ化してますね。
こんにちは、田邉です。



今日は、患者様からよくある質問の二つについてお答えします。
「お砂糖を食べなければむし歯にならないの?」と、「寝る前に食べたり、飲んだりしてはいけないの?」


たしかに、むし歯菌は、お砂糖を取り込んでプラークを作り、強い酸を出します。
むし歯菌はくだものの果糖、水あめの麦芽糖、乳製品の乳糖、ご飯やパン、いも、肉、魚類に含まれるブドウ糖などの「糖」もすべてエサとしてしまうのです。


甘くないからといっても、こういった成分が含まれていると酸をつくるもとになります。
お砂糖よりは酸をつくる量は少ないのですが、おやつは決められた時間に食べて、食べた後は歯みがきすることが大切なのです。



なんで、寝る前に食べたり飲んだりしてはいけないの?

食後、酸性になったお口に中は唾液によって元に戻してくれるのです。
ところが、寝ている間は唾液の出方が少ないので、酸を中和する力や洗い流す力が期待できません。
なので、寝る前の飲食は「むし歯の大敵」なのです。



日ごろのデンタルケアを怠らず、歯の健康を守っていきましょう。
痛くなくても、歯科健診を受けるようにしましょう。




原田歯科クリニック
https://harada-clinic.com/
043-232-9988