「歯」と「口」のはなし|千葉県千葉市の原田歯科クリニック

口は、食べ物を食べる命の入り口、気持ちを伝える心の出口です。それを失ってしまったら…口はとても大切な器官です。

神経を取った歯の寿命【千葉県千葉市の歯医者】

明日から、原田歯科クリニックは夏季休暇に入ります。
8月11日(土)~8月15日(水)まで休診となります。
16日(木)通常通り診療しますので、よろしくお願いします。


こんにちは、田邉です。


みなさんは、このお休みのご予定はお決まりですか?
お天気も良さそうです。
元気に楽しく過ごしたいですね。



今日は、神経を取った歯の寿命の話。
実は、私も神経を取った歯があります。
神経がないので、歯に栄養がいかず、その歯はもろくなっていると聞きました。
できれば、抜歯は避けたいので、歯ブラシやデンタルフロスなどをしっかりやっています。


さて、その神経を取った歯ですが、寿命ってどのくらいなのでしょうか。


神経を抜いた歯は、むし歯になったところを大きく削ったり、また神経を取るために更に削っています。
なので、もともとの歯よりもずっと小さくなってます。
それでも、治療していない歯と同じ力がその歯にかかるのに、噛める限界は低いはずです。
そのため、残っている歯の大きさによっては、限界以上の力がかかった場合、歯が割れてしまったりすることが少なからずあります。


割れてしまった場合、その割れた状態によっては抜歯になってしまいます。
特に、金属製の土台(保険診療)を接着性の低いセメントなどで装着すると、食事のときの噛む力で、その内部に抵抗力が生じて割れてしまう危険性が高まります。


そして、一番の問題は、再度むし歯になっても、その歯は痛まないということです。
日本の保険治療の追跡調査で、神経を取って被せた場合、だいたい7年で再治療になっているという調査結果も出ています。
その再治療とは、歯の神経を取った部分のやり直しと、抜歯です。


抜歯することにならないためには、どうしたらいいのでしょうか。
一番大切なのは、日ごろの手入れ(歯ブラシ・デンタルフロス等)ですが、年に一度でも精密な歯科健診を受けることをおススメします。
むし歯になっても痛まないので、そのまま放置して手遅れになるケースがあります。
歯医者さんで、ドクターにちゃんと診察してもらいましょう。


定期的に健診を受けている患者様と、痛い時しか来院しない患者様では、口腔内の状態が歴然の差が出ています。
ご自分の歯で、いつまでも美味しく食事ができるようにしたいですね。


原田歯科クリニック
043-232-9988








親知らず【千葉県千葉市の歯医者】

今日は朝から、台風関連のニュースをたくさん見ました。
今夜、遅くから、明日の朝にかけて関東に接近するとの予報。
いまの千葉市は静かですが、帰宅時は気をつけないといけませんね。


こんにちは、田邉です。



今日は「親知らず」についてお話します。


「親知らず」とは別名、「智歯(ちし)」「第三大臼歯(最後に生える奥歯)」「8番(前から8番目の歯」とも呼ばれています。


名前の通り、親の手を離れた頃に生えてくる歯を「親知らず」と言い、生えてくる時期は、17歳から21歳頃と言われています。
生える時期が早い場合で14歳、遅くて29歳というケースもあります。
それに、親知らずが生えてこない人もいます。
その場合は、もともと親知らずが無いので気にする必要はありません。
親知らずは退化傾向にあります。
最近では4本生えてくる人の方が少ないくらいです。



「親知らずが生えてきたら、早く抜いたほうがいいですか?」

と、よく聞かれます。
親知らずは抜いたほうが良いというイメージを持つ人が多いのですが、絶対に抜かなくてはいけないということではありません。


まっすぐ生えていて、噛み合わせに支障がなければ、そのまま使うことができます。
食事で噛むこと以外にも、親知らずの隣の歯がダメになったときに土台になり、他の奥歯が抜けてしまった時、場合によっては移植することもできます。


親知らずを抜いたほうがいい場合は、「斜めに生えている場合」、「歯の一部が歯茎に埋まっている場合」などの生え方の問題です。
特に、一部が歯茎に埋まっている親知らずは、周囲を巻き込んで炎症を起こすことが多いので抜歯を勧められるでしょう。
また、歯ブラシが届かずにむし歯になってしまうことが多いのです。


自分で、すぐに抜くことを考えるのではなく、歯科医師に相談して決めましょう。



原田歯科クリニック
043-232-9988









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 四街道情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ
にほんブログ村

ダイヤモンドで歯を削る!【千葉県千葉市の歯医者】

台風が近づいているせいか、気温が下がってやれやれという感じです。
こんにちは 田邉です。




きょうはちょっとした歯科治療に関する雑学。
「ダイヤモンドで歯を削る?!」


ダイヤモンドは、この世の中で最も硬い物質としても知られています。
だから工業用に合成されたダイヤモンドは、ガラスの切断など、いろいろな切削器具に利用されています。



歯科医師が、歯を削るにも、ダイヤモンドを使っています。
これは歯の表面をおおっているエナメル質が、ダイヤモンドと同じくらい硬いからです。



治療中のあのキーンという高い音が苦手という患者さんいます。
あればエアタービン(圧搾空気の力で、羽を高速で回転させる切削器械)の音です。



このエアタービンが開発されるまでは、歯のエナメル質を削ることは大変なことでした。
エアタービンのおかげで、今では効率よく、また正確にエナメル質が削れるようになり、歯科医療の精度が向上したのです。
また、同時に患者さんへの負担もずいぶん軽くなり、快適になりました。



エアタービンは、1分間に30万から50万回も回転します。
それで、あのような高い音が出ます。
回転する羽に取り付ける刃先の先端にダイヤモンドの粉末が付けられています。
また、高速で削ると熱が発生するので、冷却するために刃先に向かって水が出るようになっていたり、正確に削れるよう照明装置が組み込まれたものもあります。



エアタービンは非常に精密な器機ですので、これまで消毒が大変でした。
最近は、オートクレープ(高圧の蒸気による滅菌装置)にも耐えられるようになり、歯科医療技術はまた一歩前進しました。



ちなみにエナメル質には、全く感覚がないため象牙質までむし歯が進まないと症状がありません。
エナメル質は人体で一番硬いのですが、酸には弱いので歯ブラシをしっかりして、エナメル質を守りましょう!


**安心で安全な歯科治療を**
https://harada-clinic.com/
原田歯科クリニック
043-232-9988

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ
にほんブログ村