「歯」と「口」のはなしと、千葉市若葉区の原田歯科クリニックの話

口は、食べ物を食べる命の入り口、気持ちを伝える心の出口です。それを失ってしまったら…口はとても大切な器官です。

転んだ!ぶつけた?!子どもの歯のケガ5つの事実

子どもの歯のケガ5つの事実



①歯のケガで一番多い年齢は、乳歯では1歳~3歳、永久歯では7歳~9歳。受傷頻度は、永久歯で男子のほうが女子の約2倍高い。


②歯のケガの原因第一位は「転倒」。つまり、転んで歯をケガする子が多い


③ケガが最も多いのは、乳歯、永久歯とともに上あごの前歯。実際、子どもが前歯を失う原因の第一位は歯のケガ。出っ歯の子ほど、ケガの頻度が高い。


④歯の怪我のダメージは実は、見える部分だけにとどまらない。歯ぐきや歯を支える顎の骨、乳歯をケガした場合は永久歯の芽にダメージが及んでいることも。そして、そのダメージは受傷直後にはわからず、時間が経ってから分かるものが多い。


⑤歯の怪我による見えない部分のダメージや、時間が経ってわかるダメージは、歯科医院で診てもらうこと、経過観察してもらうと安心です。



元気いっぱいのお子様には、つねに隣り合わせのトラブル。
ぶつけて、見た目が何もなくても歯科に受診することをおすすめします。


大切な歯を守るために注意しましょう。



原田歯科クリニック
043-232-9988